/

迫田国税庁長官「政治的な配慮していない」 森友問題

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、交渉時に財務省理財局長だった迫田英典国税庁長官は24日の参院予算委員会で「当時、本件について報告を受けたことはなく政治的な配慮をするべくもなかった」と述べた。国会議員やその秘書からの問い合わせがあったかどうかは「一切なかった」と否定した。

交渉当時、近畿財務局長だった武内良樹財務省国際局長も「政治家やその秘書から問い合わせなどは一切なく、政治的な配慮は一切していない」と語った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン