6月のシカゴ連銀全米活動指数、半年ぶりに「平均以上の成長」示す

2015/7/24付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=岩本昌子】米シカゴ連邦準備銀行が23日に発表した6月の全米活動指数は0.08だった。前月分から0.16ポイント上昇し、6カ月ぶりにプラス圏の数値になった。同指数はゼロ以上だと米経済活動が過去の平均以上の成長ぶりであることを示す。

分野別では「雇用関連」や「販売・受注・在庫関連」はプラス圏の数値だった一方、「生産関連」や「消費・住宅市場」はマイナス圏だった。米経済成長の実情により即しているとされる、3カ月移動平均値は前月分から0.06ポイント上昇のマイナス0.01だった。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]