/

全英オープン スピースが初制覇しメジャー3冠に、松山14位

【サウスポート(英国)=吉良幸雄】男子ゴルフの今季メジャー第3戦、第146回全英オープン選手権は23日、ロイヤルバークデールGC(7156ヤード、パー70)で最終ラウンドを行い、日本人男子初のメジャー初制覇を目指し、首位と7打差の5位タイからスタートした世界ランク2位の松山英樹は3バーディー、2ボギー、1トリプルボギーの72とスコアを落とし、通算2アンダーで14位に終わった。

全英オープン選手権で優勝し、トロフィーを手に笑顔のジョーダン・スピース(23日、ロイヤルバークデールGC)=共同

初日から首位を走ったジョーダン・スピース(米国)が1イーグル、4バーディー、5ボギーの69で回り、通算12アンダー、268で大会初制覇を飾った。2015年全米オープン以来、メジャー3勝目で、15年マスターズと合わせ3冠を達成した。優勝賞金は184万5000ドル(約2億480万円)。6月のトラベラーズ選手権に次ぐ米ツアー今季3勝目で、通算11勝目。

9アンダーの2位はマット・クーチャー(米国)。63をマークした初出場の21歳、李昊桐(中国)が6アンダーで前日29位から3位に食い込んだ。全米オープンに続くメジャー2連勝を狙ったブルックス・ケプカ(米国)は4アンダーの6位にとどまった。

松山は1番(パー4)でティーショットを右OB。フェアウエーからの第4打はバンカーにつかまり、痛恨のトリプルボギーをたたいた。終盤の15番(パー5)、17番(同)でバーディーを奪ったものの、トップ10入りも逃した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン