/

この記事は会員限定です

最年少棋士・藤井四段、タイトル戦への名乗り現実味

[有料会員限定]

将棋の史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)がインターネットテレビ局「Abema(アベマ)TV」が企画した非公式戦「炎の七番勝負」で羽生善治王座(46)らを連破した。全7局を終え、藤井四段は6勝1敗という驚くべき成績を残した。同局の「将棋チャンネル」立ち上げに協力する日本将棋連盟の実行委員会メンバーで、本紙の観戦記者も務める野月浩貴八段(43)に藤井四段の強さを解説してもらった。

藤井四段の対戦相手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1567文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン