/

米グルーポン、従業員の約9%削減へ 海外事業縮小で

【ニューヨーク=清水石珠実】クーポン共同購入サイトの米グルーポンは22日、全従業員の約9%にあたる1100人を削減する計画を明らかにした。同社は現在、米国外の事業を縮小する経営再建策を進めており、今回の人員削減も海外事業が中心となる。来年9月末までのリストラ手続き完了を目指す。

同社のブログでリッチ・ウィリアムズ最高執行責任者(COO)は、ギリシャとトルコに続き、台湾やタイ、フィリピンなどから撤退する意向を示した。現在、40カ国以上で事業を展開しているが、「全市場で利益を生み出すのは現時点では難しい」と撤退理由を説明。リストラ関連費用は最大で3500万ドル(約42億円)となる見通し。

2008年にサービスを開始したグルーポンは、電子メールを通じてクーポンの情報を配信し消費者に購入を促す事業を主力として成長してきたが、この事業モデルが顧客の支持を失い、最近では業績が低迷している。海外事業の縮小と並んで、スマートフォン(スマホ)などを通じた電子商取引へ事業の主軸を移す経営戦略を打ち出している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン