2018年6月25日(月)

グーグル、米で携帯電話サービス 当初は招待客のみ

2015/4/23付
保存
共有
印刷
その他

 【シリコンバレー=小川義也】米グーグルは22日、米国で独自の携帯電話サービス「プロジェクトFi(ファイ)」を始めると発表した。通話とSMSは月額20ドル(約2400円)の定額制で、データ通信は1ギガ(ギガは10億)バイトあたり月額10ドルの従量制とした。グーグルの参入で米携帯市場の競争がどこまで進むか注目される。

 加入できるのは当初は利用申請者のうちグーグルから招待を受けた人に限られる。対応するスマートフォン(スマホ)もグーグルが独自ブランドで展開する「ネクサス」シリーズの最新機種「ネクサス6」のみとなる。

 回線はソフトバンク傘下で米携帯3位のスプリントと同4位のTモバイルUSから借りるほか、米国内100万カ所以上で無料で使える公衆無線LAN「Wi―Fi」も活用する。グーグルは2つの携帯会社の通信網とWi―Fiの中から通信速度が最も速いネットワークを検出し、自動的に切り替えていく技術を開発したという。

 最も安い料金プランは通話とデータ通信の合計で月額30ドルになる。データ通信料金は日本を含む海外約120カ国で使った場合も変わらない。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報