/

航行の自由作戦、首相「日本の参加ない」 南シナ海問題

【クアラルンプール=島田学】安倍晋三首相は22日午後のクアラルンプールでの記者会見で、南シナ海問題を巡り、米国のイージス駆逐艦が中国が「領海」と主張する人工島の12カイリを航行する「航行の自由」作戦への自衛隊の参加を否定した。「米国が独自に行っているもので、自衛隊の活動とは別のものだ。我が国がこれに参加することはない」と述べた。

首相は「南シナ海情勢が我が国の安全保障に与える影響を注視しつつ、様々な選択肢を念頭に置きながら十分な検討をおこないたい」と強調。「開かれた自由で平和な海を守るために国際社会が連携していくことが重要だ」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン