/

ペリー元米国防長官「ロシアの核脅威、冷戦期より深刻」 富士山会合

日本経済研究センターと日本国際問題研究所が主催する日米政財界の要人を集めた国際会議「富士山会合」で22日、「悪化する米ロ関係と戦略的安定」と題するパネル討論が開かれた。ウィリアム・ペリー元米国防長官は、ロシアが米欧に対し核兵器の使用をちらつかせていることで「核の脅威は冷戦期よりさらに深刻になっている」と話し、米ロ間の官民で対話を密にして核の使用を防ぐべきだと強調した。

リチャード・アーミテージ元米国務副長官は米ロがイランの核問題を巡る協議で協力できたことを評価。「テロ対策など、他の分野に協力を広げる余地がある」と指摘した。

カート・キャンベル前米国務次官補はシリア情勢について、領内で活動する過激派組織「イスラム国」(IS)への空爆を念頭に「米ロの協力の必要性が高まっている」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン