米MS、ウィンドウズ10無償提供 「7」以降利用者に

2015/1/22付
保存
共有
印刷
その他

【シアトル=小川義也】米マイクロソフト(MS)は21日、今年後半に発売予定の次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」を「7」以降の利用者に無料で提供すると発表した。「無償アップグレード」は発売から1年間の限定措置だが、これまで新しいOSを有料で提供してきたMSにとっては大きな戦略転換となる。

シアトル近郊のMS本社で記者会見したサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)ら幹部が明らかにした。米グーグルと米アップルはOSを無償提供している。

「ウィンドウズ10」の戦略について語る米MSのナデラCEO(21日、ワシントン州レッドモンド)

「ウィンドウズ10」の戦略について語る米MSのナデラCEO(21日、ワシントン州レッドモンド)

MSはパソコン(PC)市場では9割近いシェアを持つが、PCに代わって情報端末の主役となったスマートフォン(スマホ)市場ではグーグルやアップルに大きく水をあけられている。ウィンドウズPCの利用者に、スマホとの連携機能を強化した「10」へ移行を促すことで、スマホ市場でのシェア拡大を目指す狙いがある。

無償アップグレードの対象になるのは「7」「8」「8.1」を搭載したPCとタブレット、「ウィンドウズフォン8.1」を搭載したスマホ。2014年春にサポートを終了した「XP」は対象にならない。「10」では機能改善などに伴うソフトウエアの更新も無償になる。

MSは「10」に盛り込む個人向けの新機能も公開した。新型ブラウザー(閲覧ソフト)「スパルタン」は閲覧中の画面にキーボードやペン型入力端末でコメントを簡単に書き加えて保存したり、ニュース記事などを読みやすいように広告などを省略して表示したりできる機能を備える。

スマホで提供済みの音声で操作する個人秘書機能「コルタナ」のパソコン版サービスや、家庭用ゲーム機「XboxOne」のゲームをPCやタブレットでプレーできる機能なども披露した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]