/

「サーブ」70年の歴史に幕 承継企業、ブランド使わず

【ミュンヘン=加藤貴行】スウェーデンの自動車ブランド「サーブ」が約70年の歴史に幕を下ろすことになった。同ブランドを継承したナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(NEVS、スウェーデン)が21日、2017年から車のブランドを社名と同じ「NEVS」に変え、サーブを使わないと発表した。同社は中国向けの電気自動車(EV)に特化しており、伝統よりも新ブランドの浸透を図る。

NEVSは2012年に破綻したサーブ・オートモービルの資産を香港系企業などが買収。14年にはスウェーデンの工場を閉鎖するなど経営再建を進めてきた。今年に入り中国・天津にEV生産の合弁会社設立を決め、中国の自動車リース会社から15万台のEV供給の契約を結ぶなど、事業が軌道に乗りつつある。

サーブ・オートモービルの母体だったスウェーデン航空・防衛大手サーブは、今も同国を代表する上場企業の1つとして健在だ。今回のNEVSが決めたブランド変更で、サーブは名実ともに自動車部門との関係が切れることになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン