/

黒田総裁「戦力の逐次投入しないとの考えは一貫」

日銀の黒田東彦総裁は21日の金融政策決定会合後の記者会見で相次ぐ金融政策の変更について「戦力の逐次投入を行わないという考え方は一貫している」と発言した。今回の枠組み変更についても「思い切った政策だ」と評価し、バズーカやサプライズから微調整を要する政策に変わったとの批判をかわした。

今後の金融政策会合においても「得られる情報を基に毎回政策を考えるが、毎回変えなくてはいけないというものではない」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン