「縁故」なき女性リーダー 台湾の価値観を崩せるか
蔡英文氏が次期総統に

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2016/1/22 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台湾の独立を志向する民主進歩党の蔡英文主席が、1月16日の総統選挙で当選した。台湾初の女性総統となる。アジアでも第2次世界大戦後、数多くの女性が最高指導者の地位を得てきたが、こうした先駆者たちと異なり、蔡氏は政界有力者との血縁や姻戚関係など「縁故」を持たない。自らの実力でリーダーの地位を得た蔡氏は、アジア政治の新しい扉を開いた。

■アジアは「家父長中心の価値観強い」

蔡氏は、台北で自動車修理業を営…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]