/

首相、2閣僚の辞表受理 「後任は今日中に選びたい」

安倍晋三首相は20日午後、小渕優子経済産業相と松島みどり法相からそれぞれ辞表の提出を受け、受理したことを明らかにした。「任命したのは私だ。任命責任は私にある。こうした事態になったことを国民の皆様に深くおわび申し上げたい」と語った。後任人事については「政治、行政の難問が山積している。対応の遅滞は許されない。今日中に選びたい」と述べ、20日中に後任閣僚を任命する意向を示した。

首相官邸で記者団の質問に答えた。小渕経産相は関連政治団体の不明朗な収支を巡る問題、松島法相は地元選挙区で討議資料として「うちわ」を配布した問題を受けていずれも辞表を提出した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン