2019年2月22日(金)

JR千葉駅53年ぶり新装開業 「エキナカ」48店舗

2016/11/20 11:09
保存
共有
印刷
その他

53年ぶりに新装開業したJR千葉駅(20日午前、千葉市)

53年ぶりに新装開業したJR千葉駅(20日午前、千葉市)

JR千葉駅が20日、5年間の建て替え工事を終え新装開業した。改札口が1階から3階に移動し、改札内には48店舗が集まる「エキナカ」を新設。同駅が1963年に現在の場所に移転して以来53年ぶりの新駅舎に、訪れた利用客や関係者から歓迎の声があがった。

同日午前に開いた記念式典で、東日本旅客鉄道(JR東日本)の深沢祐二副社長は「いかに千葉の良さを発信できるかを意識して駅舎をつくった」と強調。千葉市の熊谷俊人市長は東西南北の出口が3階の通路でひとつながりになったことに触れ「駅周辺の往来が容易になり、経済活性化の大きな起爆剤になる」と祝った。

「エキナカ」には生鮮食品店を含む48店舗が出店(20日午前、JR千葉駅)

「エキナカ」には生鮮食品店を含む48店舗が出店(20日午前、JR千葉駅)

エキナカには生鮮食品店や飲食店など48店が出店し、午前9時のオープンとともに大勢の買い物客でにぎわった。旧駅舎の改札内は弁当販売店など4店のみだった。改札口が3階に移ったのに伴い千葉都市モノレールの千葉駅とも同フロアでつながる。これまでは駅の外に出た上で3階のモノレール改札へ上がる必要があった。

新駅舎の見物にきた千葉市内の会社員、宮崎茂樹さん(40)は「全く違う駅に来た気がする。広く明るい空間になり気分も華やかになる」と話した。2017年春にはエキナカの4階部分が新たに開業する。来夏以降にはファッションテナントなどが入る千葉駅ビルが部分開業し、18年に全面開業する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報