/

IoTで日独連携、「ハノーバー宣言」採択

【ハノーバー(ドイツ中部)=八十島綾平】日独両政府は19日(日本時間20日早朝)、すべてのモノがつながるIoT技術や人工知能(AI)などの先端技術で、日独で国際標準規格の策定や研究開発することを柱とした「ハノーバー宣言」を採択した。

20日からハノーバーで開催するIT(情報技術)見本市「CeBIT」に先立ち、世耕弘成経済産業相とツィプリース経済・エネルギー相が宣言に署名した。

ハノーバー宣言は、IoT関連技術の国際標準規格を日独共同で提案することや、ものづくりの現場でのサイバーセキュリティーの強化、産業技術総合研究所・情報通信研究機構とドイツ人工知能研究所の連携などが柱だ。

ほかには自動車産業での連携強化も含まれ、宣言と別に覚書も交わした。次世代電気自動車の新たな超急速充電方式の開発や、自動運転に必須な3D地図の開発を"協調領域"と位置づけ、日独で協力して進める。

政府は今後、業種や国境を越えた協働を企業に促す政策を「コネクテッド・インダストリーズ」として、中小企業を含む日独企業の技術提携や共同開発を後押しする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン