/

日本、南アから大金星 ラグビーW杯

【ブライトン(英国)=谷口誠】ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会1次リーグB組の日本―南アフリカ戦は英国南部のブライトンで行われ、日本が34-32で南アフリカを下した。南アフリカは優勝候補の一角。世界のラグビー史上に残る大金星となる。日本はこの後、スコットランド、サモア、米国と順に対戦し、初の決勝トーナメント進出を目指す。

日本は前半にFB五郎丸(ヤマハ発動機)のPGで3点先制。モールを押し込まれてトライを奪われ、3-7と逆転された。しかし、今度は15人中12人がモールに入って押し込む執念のモール。最後はリーチ主将(東芝)がトライを決め、五郎丸のGKも決まり、10-7と再逆転に成功した。

後半もシーソーゲームのまま終盤へ。約3万人の観客が総立ちで見守る最後の1プレーで、日本はウイングのヘスケスが逆転のトライ。大番狂わせをやってのけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン