/

民進・木内氏が離党届 「小池新党」との連携模索

民進党の木内孝胤衆院議員(比例東京)は18日、党本部に離党届を提出した。木内氏は提出後、都内で記者団に「(民進党は)国民の期待に応える形になっていない」と強調。小池百合子東京都知事の側近である若狭勝衆院議員が検討する新党については「若狭氏が言う二大政党制の必要性という点は一致している」と述べた。

7月2日の東京都議選後の離党届提出は、藤末健三参院議員、細野豪志元環境相、横山博幸衆院議員に続き4人目となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン