ローソンの海外店舗、20年までに最大5000店に

2016/7/18 20:14
保存
共有
印刷
その他

【上海=原島大介】ローソンは18日、2020年までに海外店舗数を現在の約6倍にあたる最大5千店に引き上げる目標を明らかにした。中国で3千店体制を築くほか、ベトナムへの進出も検討する。経済成長に伴い、所得水準が向上するアジアでの出店を拡大し、新たな収益の柱に据える。

竹増貞信社長が同日、中国・上海で開いた記者会見で表明した。ローソンは1996年に初進出した中国を皮切りに、タイやフィリピンなどアジアを中心に海外で865店(6月末現在)を展開している。

このうち中国では上海周辺の地域を中心に、内陸の重慶市や湖北省武漢などで出店を加速。17年度には単年度黒字化し、20年に店舗数を現在の750店から4倍に増やす計画だ。またベトナムについては「(南部の)ホーチミンをターゲットにしている」(竹増社長)とした。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]