/

米グーグル、ロボット子会社の売却模索か 米報道

【シリコンバレー=小川義也】米グーグルが傘下のロボット開発会社、米ボストン・ダイナミクスの売却を模索していることが17日明らかになった。米ブルームバーグ通信が関係者の話として報じた。グーグルは2013年にボストン・ダイナミクスを買収したが、買収後も独自路線を貫く同社とグーグル社内の他のロボット開発陣が対立。早期の収益化のメドも立っていないことから手放すことにしたという。

ブルームバーグはボストン・ダイナミクスの買い手候補として、トヨタ自動車やアマゾン・ドット・コムの名前を挙げている。グーグル、トヨタ自動車、アマゾンは報道に対し、コメントしていない。

ボストン・ダイナミクスは1992年にマーク・レイバート氏らが創業。米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)の資金を受け、主に米陸軍向けの2足歩行ロボットや4足歩行ロボットを開発している。

グーグルはロボット事業への参入を目指し、13年にボストン・ダイナミクスを含むロボット関連企業8社を矢継ぎ早に買収。この中に東大発ベンチャーのSCHAFT(シャフト)が含まれていたこともあり、日本でも注目を集めた。

ただ、一連の買収を主導した幹部のアンディ・ルービン氏が14年末にグーグルを退社。強力なリーダーを失った結果、「レプリカント」と名付けられたロボット開発プロジェクトは迷走していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン