/

マンハッタンで爆発、負傷者29人 当局「意図的」

【ニューヨーク=平野麻理子】米ニューヨークの中心部マンハッタンで17日夜8時半(日本時間18日午前9時半)ごろに、爆発があった。少なくとも29人が負傷した。爆発の原因は明らかになっていないが、当局は「意図的な行為とみられる」としている。同日、マンハッタンに近いニュージャージー州でも爆発事件があり、不安が広がっている。

爆発が起きたのはマンハッタンの南西部にある「チェルシー」地区。若者に人気があり、日本人の観光客も多い地域だ。警察当局は周辺を封鎖し、原因を調査している。11時すぎに始まった当局の会見によると、現時点ではテロとの関係を示す証拠は見つかっていない。負傷者は命に別条はないという。

同日、川を挟んで隣接するニュージャージー州でも予定されていたマラソン大会の会場付近で、道路脇のゴミ箱に仕掛けられた爆弾が爆発した。けが人はなかったが、大会は中止された。当局によると、ニューヨークの爆発との関連は現時点で不明だという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン