ソフトバンク孫氏「IoTにチャンス」 英社3.3兆円買収

2016/7/18 16:00
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクグループは18日、半導体設計の英アーム・ホールディングスを約240億ポンド(約3兆3000億円)で買収すると発表した。アーム社はスマートフォン(スマホ)などモバイル機器向けのCPU(中央演算処理装置)設計に強く、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の需要を狙い買収を決めた。9月末までに買収を完了する。

アーム社の取締役会や株主、公的機関などの承認を得て全株式を買い取り完全子会社にする。買い取り額はアーム社の株1株当たり17ポンド。先週末のアーム社の株価の終値に43%上乗せした。

アーム社は現在、英ロンドン証券取引所と米ナスダック市場に上場しているが、ソフトバンクグループによる完全子会社化に伴い上場廃止となる。

ソフトバンクグループの孫正義社長は買収の狙いについて「IoTがもたらす重要なチャンスをつかむことにある」とのコメントを出した。IoT関連事業の拡大と、主力の携帯電話事業との融合をめざす。

アーム社は1990年の設立で2015年12月期の売上高は9億6830万ポンド。買収後もアーム社は引き続き英国を本拠地として事業活動する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]