/

首相「衆院解散、帰国後に判断」 国連総会出席へ

安倍晋三首相は18日午後、衆院解散について「いちいち答えることは控えたい。(訪米からの)帰国後に判断したい」と語った。国連総会出席のためニューヨークに出発する前、羽田空港で記者団の質問に答えた。

首相は出発に先立ち、東京・富ケ谷の私邸で公明党の山口那津男代表、自民党の二階俊博幹事長とそれぞれ会談。28日召集の臨時国会冒頭にも衆院解散に踏み切る意向を固めており、衆院選の対応などについて意見交換したとみられる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン