/

〔FT〕「影の銀行」リスク、LIXIL海外展開で浮き彫りに

FT北京支局 ルーシー・ホーンビー、FTフランクフルト支局 ジェームズ・ショッター

中国の銀行から手紙が届いたのは2015年4月15日。住宅設備機器メーカーのLIXILグループがドイツの同業大手、グローエを買収したわずか2週間後のことだった。

ジョウユウというグローエの中国子会社が融資を返済していない、と手紙は説明していた。LIXILグループ経営陣の最初の反応は、驚きだった。同社はジョウユウの中国人創業者からグローエの保有株を買い取るのに2億500万ユーロを支払ったばかりではなかったか?

だが、この融資は氷山の一角だったことが判明、LIXILグループはその後間もなく、ジョウユウの破産を申請するとともに660億円(5億6000万ドル)の損失が生じると株主に警告することを余儀なくされた。

ジョウユウは、複数の貸し手から資金を調達する際、担保として中国国内の工場を何回も差し入れていたことが明らかになっている。同社はさらに、その資金の一部をシャドーバンキング(影の銀行)に貸し出していた。この借り入れと貸し付けからなるピラミッドが崩壊したことが、LIXILグループに大きな穴をあける結果となった。LIXILグループがグローエを買収した時、その子会社であるジョウユウは成長の鈍化にあえいでいた。シャドーバンキングにまた貸ししている企業家に対し、銀行が融資の回収を進めたことで、債務不履行が急拡大したわけだ。

「多国籍企業はシャドーバンキングに伴うリスクを甘く見ている」と北京大学光華管理学院のポール・ギリス氏は言う。

ジョウユウとLIXILに関わる出来事
1979年蔡建設氏が後にジョウユウとなる事業を創業
2004年TPGとクレディ・スイスが15億ポンドでグローエを買収
2010年ジョウユウがフランクフルトに上場。グローエが株式の7.1%を保有
2011年浴室・建材会社5社の経営統合でLIXILが誕生
2013年蔡氏一族がジョウユウとジョウユウ・グローエ・ホールディングの持ち株を、グローエ株12.5%と交換。グローエがジョウユウの株式の72.3%を保有
2014年LIXILと日本政策投資銀行がグローエの株式の87.5%を取得。ジョウユウの香港部門がみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行から3億ドルの借り入れを実施。HSBC、野村、スタンダードバンクに対し、未払いだった融資残高を返済
2015年4月蔡氏一族のドイツ持ち株会社が、まだ保有していたグローエ株12.5%をLIXILに売却
2015年5月ジョウユウが破産申請
2015年6月LIXILが投資家に、ジョウユウ破産に伴って生じる3年間で660億円(5億6000万ドル)の損失について警告

さらに言えば、今回の事態は中国のような新興市場を含む海外での大型買収のリスクを浮き彫りにした。2015年12月、LIXILグループは最高経営責任者(CEO)の藤森義明氏が16年6月に辞任すると発表した。藤森氏は、「辞任はジョウユウと無関係だ」と主張したが、このスキャンダルは同氏の在任最後の1年と、急激に国際展開を進める戦略を台無しにした。

LIXILグループが資金を回収しようと努力する一方、ジョウユウの創業者たちは中国の銀行からの返済請求とたたかっている。資金の一部がシャドーバンキング市場に流れ込んだことは、損失の一部を取り返そうとする株主と金融機関の努力をいっそう複雑にしている。海外に上場している中国企業の外国人債権者が係争中の資産の清算や取得に成功することは、めったにない。

この物語の発端は1979年にさかのぼる。ちょうど中国政府が市場型の経済改革に乗り出したタイミングで、蔡建設氏が中国南東部の福建省に水栓の生産工場を操業したときのことだ。それから30年後、同氏と息子の蔡吉林氏は地元・南安の街の大物になっていた。

ジョウユウは中国で業界大手の一角を占めるまでになり、2010年にはフランクフルト証券取引所に株式を上場、IPO(新規株式公開)で1億500万ユーロを調達した。

ドイツ上場の2年前、グローエと戦略提携する1年前に、ジョウユウは主力事業の浴室設備で200%の増収を計上していた。

他の海外上場中国企業での似たような売り上げ急増は、空売り筋が不正会計の可能性を探るきっかけになった。だがLIXILグループは、中国の銀行の手紙が届くまで問題があると思わなかった。後に行った調査の概要によると、同社は2008年にまでさかのぼるジョウユウの「不正会計」を発見、そこには「極めて金利の高い」簿外の融資が含まれていたという。蔡氏親子は取材依頼にこたえなかったが、LIXILグループは電子メールによる質問に回答している。

LIXILグループは、「グローエの経営陣はジョウユウに対して、いくつかの一般的な懸念事項を有していた」ものの、同社とグローエの経営陣が不正会計を「知っていた証拠は見られない」と結論付けている。

ジョウユウがフランクフルトに上場した10年ごろには、民間不動産デベロッパーに対する中国政府の融資制限が二層構造の金利市場を生み出していた。例えば工場を担保として差し入れることで銀行融資を得られる人は誰でも、それよりずっと高い金利でシャドーバンキング市場に資金を貸し付けることによって莫大な利益を上げることができた。

南安でもこうした民間貸し出しが大流行し、多くの企業家が参加した。

2011年、蔡氏親子はジョウユウの保有株の一部をグローエに売却した。その後間もなく、父親の方がマイクロクレジット(少額融資)会社を登記した。この年、マイクロクレジットのローンには24~25%の金利が付いた。

息子の蔡吉林氏は2014年7月、地方政府高官に対し、「Xinyu(鑫宇)」というマイクロクレジット会社が「ジョウユウの財務基盤を支えていた」と語っていた。

「アイデアと財力を持った経営者は、もちろん、金融業界にかかわりたいと考える。それに、(金融は)製造業ほど難しくない」。ニュースポータルの新浪は、2014年春に南安からのリポートで、匿名の経営者の言葉をこう引用した。

2014年10月、南安の融資ピラミッドがついに崩壊した。Wu Shanhe(呉山河)という金融業者が逮捕され、シャドーバンキングで何億元ものお金が吹き飛んだのだ。

グローエ買収にかかわった2人の関係者によると、LIXILグループが買収について交渉していたときに狙っていたのは、中国でのプレゼンスではなく、グローエというドイツのブランドだったという(両氏は対外的に話す権限がないことから、名前を挙げられるのを拒んだ)。

LIXILグループ広報責任者のジン・モンテサーノ氏は、ジョウユウの問題にもかかわらず、グローエ買収は「当社に金銭的にも戦略的にも多大な価値をもたらした」と言う。

LIXILグループは2015年7月、ジョウユウの管理をドイツの裁判所が任命した破産管財人に委ねた。

12月になると、ドイツの規制当局がジョウユウ株のインサイダー取引と相場操縦の可能性について調査していた。その間、蔡氏親子はまだ、1979年に立ち上げた工場を経営している。創業以来、莫大な資金が排水溝へ流れてしまったにもかかわらず、だ。

(取材協力 日本経済新聞編集委員 中山淳史)

(2016年1月12日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2016. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン