ネスレ、人工香料の使用中止へ 米で販売のチョコ菓子

2015/2/18付
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=原克彦】食品世界最大手のネスレ(スイス)は17日、米国で販売するチョコレート菓子で人工の香料や着色料の使用をやめると発表した。「クランチ」「バターフィンガー」などの250品目が対象。今年の半ばから順次実施し、年末にはすべての対象品目を新仕様に切り替える。パッケージには人工の着色料などを使わないことを表示する。

米国で実施した消費者調査で、人工の香料や調味料を含まない商品の方が好まれることが判明したのに対応する。例えば着色料の一部では人工素材の代わりに、ベニノキの種子から抽出する「アナトー」と呼ばれる色素を使う。バニラの香料も天然素材で代替するとしている。

今後米国で売り出す菓子の新商品は、チョコレートに限らず人工香料・着色料の使用を控える。米食品医薬品局(FDA)が着色料に指定していないカラメル色素についても、使用量を減らしていく方針だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]