安倍首相、共同経済活動「平和条約締結へ重要な一歩」

2016/12/16 17:12
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は16日午後、ロシアのプーチン大統領との首脳会談後の共同記者会見で、北方四島での「特別な制度」に基づく共同経済活動の実現に向け「交渉を開始することで合意した」と表明した。「日ロ両国の平和条約問題に関する立場を害さないという共通認識のもとに進められる。この特別な制度は日ロ両国の間にのみ創設される」と強調。「これは平和条約の締結に向けた重要な一歩だ」とも訴えた。

北方領土問題を含む日ロの平和条約の締結に関し「私たちの世代で終止符を打たなければならない」と力説。「解決にはまだまだ困難な道が続く」と述べる一方、「今回まずはしっかりとした大きな一歩を踏み出すことができた」と語った。

首相は「北方四島の未来像を描き、その中から解決策を見いだしていく、未来志向の発想である新しいアプローチこそが最終的な結果に続く道だと確信している」と言明した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]