/

この記事は会員限定です

長寿のためなら何でもやる 山あいの病院の挑戦

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

食の改善と運動を通して高齢者の健康を守る――。病院をその拠点にするための試みが、高齢化が急速に進む山あいの地域で始まった。

昨年12月11日、愛知県豊田市にある足助病院で、筋肉や骨の機能が落ちるのを防ぐための体操教室が開かれた。集まったのは60~80代の地元の男女だ。

「1234、5678」「4234、5678」。数を数えてリズムをとりながら、指導員の動きに合わせて足を上げたり、体を反らしたりする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン