スポーツ > ニュース > 記事

日本、WBC準決勝に進出 イスラエル破る

2017/3/15 22:45
保存
共有
印刷
その他

WBC2次リーグ3連勝で準決勝進出を決め、試合後にハイタッチを交わす筒香(手前左)、松田(同右)ら(15日、東京ドーム)=為廣剛撮影

WBC2次リーグ3連勝で準決勝進出を決め、試合後にハイタッチを交わす筒香(手前左)、松田(同右)ら(15日、東京ドーム)=為廣剛撮影

野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は15日、東京ドームで2次リーグE組の最終戦を行い、日本はイスラエルに8-3で勝った。3戦全勝でE組1位となり、4大会連続の4強入りを果たした。オランダはキューバを14-1の七回コールドゲームで下して2勝1敗とし、E組2位で準決勝に進んだ。イスラエルは1勝2敗、キューバは0勝3敗で敗退。2次リーグの各組上位2チームによる準決勝は、米ロサンゼルスで20日(日本時間21日)から開催される。

日本は六回、先頭の四番・筒香(DeNA)の中越えソロで先制。さらに坂本勇(巨人)の中前打などで好機をつくり、松田(ソフトバンク)の適時二塁打や菊池(広島)の適時右前打などで4点を加えた。八回は、中田(日本ハム)に代わって五番・一塁で先発出場した内川(ソフトバンク)の2点二塁打などで3点を加えた。先発の千賀(ソフトバンク)は5回を被安打1、無失点の力投。平野(オリックス)、宮西(日本ハム)、秋吉(ヤクルト)と無失点リレーでつないだが、九回、牧田(西武)が3失点した。

六回無死、先制となるソロ本塁打を放つ筒香

六回無死、先制となるソロ本塁打を放つ筒香

オランダは一回にバレンティン(ヤクルト)の3ランで先制。三回にもバレンティンのソロなどで突き放した。

2次リーグF組は14日、サンディエゴで開幕し、前回大会2位のプエルトリコが前回覇者のドミニカ共和国に3-1で勝った。プエルトリコは一回にモリーナ(カージナルス)の適時打で先制。二回に追い付かれたが、四回にロサリオ(ツインズ)の適時二塁打で勝ち越し、六回にはモリーナのソロで突き放した。

保存
共有
印刷
その他

WBCコラム

試合日程と結果

電子版トップスポーツトップ

スポーツニュース 一覧

 日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は23日、小久保裕紀監督が退任の意向を示した日本代表の次期監督について、4月上旬に開催予定の侍ジャパン強化委員会で選定方法などを話し合うことを明らかにした。「決 …続き (23日 22:04)

WBCを終え帰国し、記者会見する野球日本代表の小久保裕紀監督(23日夜、東京都内のホテル)=共同

 野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の小久保裕紀監督が23日、米国から帰国後、東京都内のホテルで記者会見を行い「素晴らしい選手たちに囲まれ、恵まれ、一緒 …続き (23日 20:12)

 【ロサンゼルス=共同】第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の主催者が22日、今大会のポジション別優秀選手を発表し、日本はソフトバンクの千賀がただ一人選出された。千賀は計11回を1失点、 …続き (23日 19:18)

ハイライト・スポーツ

[PR]