/

この記事は会員限定です

LINE、世界デビューで見せた「もう一つの顔」

(更新) [有料会員限定]

LINEが日米同時上場し、世界の株式市場にデビューを果たした。15日の終値は東京市場で公開価格を32%上回る4345円。時価総額は9000億円を超えた。米フェイスブックなどが割拠するネットビジネスの競争に挑むことになるが、LINEにはもう一つの挑戦が待っている。韓国企業を親会社に持ちながら、日本で育った「生まれながらの多国籍企業」が、日米上場を機に踏み出すグローバル企業への脱皮である。

NYSEに「LINEの父」

米国ニューヨーク市内の「ウォー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1997文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン