/

首相「元島民の思い胸に」 日ロ首脳会談に出発

(更新)
山口県への出発を前に、記者の質問に答える安倍首相(15日午前、羽田空港)=共同

安倍晋三首相は15日午前、ロシアのプーチン大統領との会談に関し、「北方領土の元島民の皆さんの切実な思いをしっかりと胸に刻んで日本を代表して交渉したい」と羽田空港で記者団に述べた。「プーチン大統領を心から歓迎したい」とも語り、北方領土問題を含む平和条約交渉の進展に意欲をみせた。首相は山口県に向けて政府専用機で空港を出発。午後に地元の長門市で大統領を迎える。

首相とプーチン氏の首脳会談は通算で16回目。首相は「山あいの川沿いにある温泉でゆっくりとした雰囲気の中でじっくりと交渉したい」と語った。15日は主に領土問題を、16日には東京に移動し、首相がロシア側に示した「8項目の経済協力」について協議する。その後、共同記者会見を開き、会談の成果を発表する予定だ。

ロシア大統領の日本への公式訪問は、2005年のプーチン氏以来、11年ぶりとなる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン