JAXA、ミニロケット打ち上げ キヤノン開発参画

2017/1/15 8:35
保存
共有
印刷
その他

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日午前8時33分、電柱ほどの大きさのミニロケット「SS-520」4号機を内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から打ち上げた。超小型衛星専用ロケットで、キヤノングループが制御機器の開発にかかわった。

今回は東京大学が開発した超小型衛星を搭載した。7分30秒後に衛星を分離し、予定の軌道に乗ったかどうかは約3時間後…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]