2017年12月15日(金)

[FT]NZ議員スパイ疑惑、民主主義につけ込む中国

FT
(1/2ページ)
2017/9/15 6:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 開放性、多様性、寛容性は、世界の自由民主主義国の最大の強さだ。だが、中国のような独裁的な体制にとっては、これらの特性はつけ込むのに適した脆弱性だ。

 本紙フィナンシャル・タイムズが13日に報じた通り、ニュージーランド議会の現職議員が現在、生まれ故郷である中国で10年間、エリート軍事機関や軍情報機関で訓練、教育に携わった過去と関係し、ニュージーランドの情報機関から捜査を受けている。

■緩いNZ・豪州は

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報