/

「北朝鮮に圧力」確認 日韓外相が電話協議

岸田文雄外相は14日午前、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と北朝鮮への対応を巡り電話協議し、北朝鮮による追加挑発を阻止するため、日米韓が連携して北朝鮮に圧力をかける必要があるとの認識で一致した。岸田氏が外務省で記者団に明らかにした。

岸田氏によると、北朝鮮に対して「対話のための対話は意味がない」との考え方や、北朝鮮に影響力を持つ中国に働きかけるため連携していく方針でも一致した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン