/

安保法制整備「あすから大枠づくり」 自民副総裁

自民党の高村正彦副総裁は14日夜、衆院選後の焦点の一つである集団的自衛権の行使に向けた安全保障法制整備の「全体像」づくりに関し、「明日からでも安保法制の大枠を作るための作業に入りたい」と早急に取りかかる考えを述べた。法案提出の時期は「(来年度当初)予算が(国会を)通った頃だろう」との見通しを示した。

衆院選を振り返り「政権公約の通りに、国民に景気回復の実感を届けられるかどうか、これからが勝負だ」と気を引き締めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません