/

首相、橋下氏と会談 安保法案などで意見交換か

安倍晋三首相は14日、維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)と都内のホテルで会談した。今国会で成立をめざす安全保障関連法案や、5月に実施した住民投票で否決された「大阪都構想」を巡り意見交換したとみられる。会談には菅義偉官房長官、維新の松井一郎顧問(府知事)も同席した。

首相と橋下氏の会談は2013年12月以来。維新は安倍政権の安保法制の考え方に近く、自民、公明両党も修正協議の可能性を模索しているとされる。国会での野党共闘を分断したい首相官邸側は、維新との連携を強めたいとの狙いがある。

都構想の住民投票を巡っては、官邸は「大阪の二重行政の解消は必要だ」(菅長官)などと支持する意向を表明してきた。橋下氏はそうした「応援」に対する謝意や、都構想否決を受けた政界引退の意向を説明したとみられる。

維新の党内では、橋下氏を支持する「大阪系」議員と民主党との連携を重視する議員らで路線対立が表面化しつつある。今回の会談を踏まえ、今後の国会審議での対応が焦点となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン