2018年7月23日(月)

迎撃難しいロフテッド軌道か 「新型の可能性」

2017/5/14 10:12
保存
共有
印刷
その他

北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、取材に応じる稲田防衛相(14日午前、防衛省)=共同

北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、取材に応じる稲田防衛相(14日午前、防衛省)=共同

 稲田朋美防衛相は14日午前、北朝鮮の弾道ミサイル発射に関し「高度は2000キロメートルを超えるものだったと推定される」と述べた。「新型の弾道ミサイルだった可能性がある」と語った。防衛省内で記者団に話した。

 飛行距離は約800キロメートルと推定されており、防衛相は「ロフテッド軌道で発射された可能性がある」とも指摘した。

 ロフテッド軌道とは、飛行距離を抑え、通常より角度を上げて撃つことによりできる軌道のこと。飛ぶ距離は短くなるが、ミサイルの落下速度が上がるため、迎撃が難しくなる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報