/

京大病院元准教授ら逮捕 贈収賄疑い、機器購入絡み

京都府警は14日、研究用の機器を優先して受注させる便宜を図った見返りに、業者から高額のバッグを受け取っていたとして、収賄の疑いで、京都大病院臨床研究総合センターの元准教授(47)を、贈賄の疑いで、京都市の医療機器販売会社の社員(39)を逮捕した。

捜査関係者によると、血管再生医療の研究プロジェクトで使う機器の購入をめぐり、京都市の医療機器販売会社が優先的に受注できるようにして随意契約。2012年10月と13年9月、販売会社社員から見返りとして、計約30万円相当の海外ブランド品のキャリーバッグなど3点を受け取った疑いが持たれている。

血管再生医療の研究は、厚生労働省の科学研究費補助金(科研費)の対象となっており、機器も科研費などで購入されていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン