/

米フェイスブック、安否確認サービス提供 パリ同時テロ受け

【ニューヨーク=小川義也】フランス・パリで起きた同時テロを受け、交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックは13日、友人らの安否を確認できるサービスを始めた。専用ページでパリにいる友人の安否を確認したり、利用者本人がパリにいる場合は友人に無事を知らせたりできる。

世界で約15億人が利用するフェイスブックは国別の利用者数を公表していないが、フランスは主要市場の一つで旅行者も多い。専用ページのURLはhttps://www.facebook.com/safetycheck/paris_terror_attacks

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン