/

この記事は会員限定です

ソフトバンク、サウジ「鉱脈」探し 10兆円ファンド

[有料会員限定]

ソフトバンクグループは14日、サウジアラビアの政府系ファンド「公共投資ファンド(PIF)」と共同で投資ファンドを設立すると発表した。ファンドが集める投資資金は最大で1000億ドル(10兆円強)の規模となる可能性があり、実現すれば、米国の有力ファンドを大きく上回る。サウジは「石油依存経済」からの転換を目指しており、ソフトバンクの孫社長がひと役買う格好だ。

「ウォール街の王様」以上の存在

「今後10年でテクノロジー分野において最大級のプレーヤーとなるこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1487文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン