/

この記事は会員限定です

失われた「10アールあたり1トン」の米作技術

60年前の日本一農家を訪ねて

日本人とコメ(5)

[有料会員限定]

約半世紀前に失われたコメの超多収量技術がある――農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が開発している10アールあたり900キログラムという世界一多収のコメ品種を取材する過程で知った事実だ。現代で始まりつつある多収化競争のはるか昔、実は1950年代の日本には10アールあたり1トンを作る農家が存在した。減反政策で事実上途絶えてしまった技術はどんなものだったのか、そしてどんな農家が成し遂げたのか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3150文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン