朝日新聞、任天堂社長発言でおわび記事掲載

2014/9/14付
保存
共有
印刷
その他

朝日新聞は14日、2012年6月に掲載した任天堂(京都市)の岩田聡社長に関する記事について、実際には同社のホームページ(HP)から発言内容を引用したにもかかわらず、インタビューしたかのような体裁で記載していたとして、同日付朝刊におわび記事を掲載した。

問題の記事は同年6月8日付経済面の「ソーシャル時代、どう対応?/ゲーム大手4社に聞く」。朝日新聞は任天堂に社長への取材を申し込んだが了解が得られなかったため、HPに掲載されていた動画の発言内容をまとめて記事にしたいと連絡。同社側から了解が得られたと思い込み記事にした、としている。

任天堂の広報担当者によると、岩田社長は当時、米国で開かれたゲーム見本市に出席しており、現地で海外メディアへの対応を優先するため国内メディアの取材は断っていた。記者会見も開いておらず、HPでコメントを公開していた。

14日のおわび記事では、掲載後に任天堂から「インタビューは受けていない」と抗議を受け、既に謝罪したと説明。「動画内の発言であったことを明記するべきでした」と振り返り、「新たに外部から指摘があり、紙面でおわびする必要があると判断した。ご迷惑をおかけした関係者と読者のみなさまにおわびいたします」としている。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]