/

この記事は会員限定です

「イチからわかる」東芝危機 決算再延期

[有料会員限定]

東芝は14日、2016年10~12月期の四半期報告書の提出を再延期すると発表した。米原子力子会社ウエスチングハウス(WH)で起きた不適切な行為が原因で監査法人から承認が再び得られなかった。延期は2度目となり、午後4時からは綱川智社長が記者会見を開く。東芝が新たに定めた提出期限は4月11日。目前の上場廃止リスクは免れられるのか。再建の道筋は示せるのか。「イチから」の東芝危機をまとめた。

【1】監査法人との埋まらぬ溝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン