/

ユネスコへの拠出金停止・削減を検討 官房長官

菅義偉官房長官は12日夜のBSフジ番組で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が世界記憶遺産に中国が申請していた南京大虐殺に関する資料の登録を決めたことを受け、ユネスコへの拠出金について「停止、削減を含め検討している」と語った。

菅長官はこの後、記者団に「記憶遺産はどういう形で決まるのか極めて不透明だ」と批判。同時に「一方的に中国の言い分だけで指定しており、全体として透明性を高め、どういう議論が行われたかも含めて理解できるようにすべきだ」と強調した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン