/

この記事は会員限定です

「パナマ文書」考 租税回避地の闇が動かす中国の権力闘争

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

中国の権力闘争では、内部で生死をかけた泥仕合が演じられる。圧倒的多数の国家が採用する選挙という民主的で公正な手段がないためだ。元最高指導部メンバーの周永康、元重慶市トップの薄熙来を巡る激烈な闘いがその良い例だった。

闘いの武器は、当時の首相、温家宝の親族を巡る巨額の蓄財疑惑。そしてトップへの就任が決まっていた習近平の親族の資産問題などだ。中国の特殊な政治体制の下では、情報の真偽と別に政治的な利用価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

習政権ウオッチ

経済や安全保障面で米国の一極支配を打破しようとする中国の習近平政権の中枢で何が起きているのか。習国家主席による腐敗撲滅政策の狙いなどを的確に報じ、「ボーン・上田記念国際記者賞」を受賞した中沢克二・日本経済新聞編集委員(前中国総局長)が深掘りする。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン