彼女はいかに「味覚」を手にしたか 人工物を見抜く オリジン東秀・菱田瑞穂氏
編集委員 吉田忠則

2015/1/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

弁当チェーンのオリジン東秀で商品開発を担当している菱田瑞穂さんは、調布市にある本社に朝出勤すると、割烹(かっぽう)着に着替えて試作用の厨房に入る。前の日の夕方につくった総菜を取り出し、一口食べてみる。「うん、大丈夫」。味が変わっていないことを確認してほっとする。

ありふれた光景にみえるかもしれないが、ここには新しい商品をつくるうえでとても大切なポイントがある。味の微妙な変化を感じ取ることは、消費…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]