電力切り替え、自由化7カ月で200万件突破

2016/11/11 13:59
保存
共有
印刷
その他

経済産業省の認可法人の電力広域的運営推進機関は11日、家庭向けの電力小売りが自由化された4月から10月末までの7カ月で電力大手から209万100件の契約が新電力などに移ったと発表した。まだ契約総数の3.3%だ。新電力の料金体系が大手と似ているなどメリットを感じにくいことが背景とみられる。

経産省によると新電力の料金単価は大手の規制料金より約7%安い。ただPwCコンサルティングの調査…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]