/

ローマ法王とロシア正教トップ12日に会談 分裂後初、約1000年ぶり

【ローマ=共同】ローマ・カトリック教会を率いる法王フランシスコは12日、キューバの首都ハバナで東方正教会の最大勢力、ロシア正教会の最高位キリル総主教との会談に臨む。キリスト教会が1054年にカトリック教会と東方正教会に分裂して以降、ローマ法王とロシア正教会トップの会談は初めて。双方は歴史的な和解への一歩を踏み出す。

会談では、中東の過激派組織「イスラム国」(IS)の勢力拡大を念頭に、「中東やアフリカなどでイスラム過激派の迫害を受けるキリスト教徒の保護」を中心に議論する。共同宣言にも署名し、共通の脅威や課題に対し協調して取り組む姿勢を打ち出す見通し。

教会の統一を推進してきたローマ法王庁(バチカン)の枢機卿は「キリスト教徒の危機において、団結は力になる」と強調。ロシア正教会側も「トップ同士が共通の見解を示すことが世界にとって明確なシグナルになる」と意義を説明した。

法王の訪ロについて現時点で具体案はないが、ロシア正教会は「可能性は排除しない」としており、実現への期待が高まるのは確実だ。東西キリスト教会の関係修復が進めば、バチカンが影響力を持つ欧米と、正教の信者が多いロシアとの対立緩和など、国際政治にも影響を与える可能性がある。

東西の教会は1964年、当時のローマ法王パウロ6世と東方正教会のコンスタンティノープル総主教アテナゴラスが会談し、対立解消に向け前進。2014年には法王フランシスコとコンスタンティノープル総主教バルソロメオス1世が統一への努力強化をうたった共同宣言に署名していた。

しかし東方正教会最多の信者を抱えるロシア正教会とは、旧ソ連諸国でのカトリック教会の布教拡大に伴い関係が悪化。先々代法王の故ヨハネ・パウロ2世らも融和に向けた努力を続けたが、会談は実現しなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン