防衛省、オスプレイの飛行再開容認 共同訓練参加へ

2017/8/11 10:00
共有
保存
印刷
その他

 防衛省は11日、米軍新型輸送機オスプレイについて日本国内の飛行再開を容認する方針を発表した。オスプレイはオーストラリア東部沖で5日に墜落事故を起こし、日本政府は6日に飛行自粛を米側に求めていた。米軍の「調査の結果、機体に欠陥はなく、安全な飛行が可能」との説明は理解できるとしている。

 これを受け、オスプレイは北海道で28日まで実施する日米共同訓練に参加する見通しだ。

 防衛省は11日に文書で方針を発表した。今回の事故が陸上より難しい海洋での着艦時に起きたと強調。米側は再発防止を徹底しており「防衛省の知見に照らし合理的な措置がとられている」とした。

 その上で「安全に最大限の配慮をした飛行を求めていくことが妥当」だと結論づけた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

政府オスプレイ防衛省飛行再開

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 9:57
6:00
中国 10:11
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
10:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報