/

萩生田官房副長官「やり直しない」 慰安婦の日韓合意

萩生田光一官房副長官は11日午前のフジテレビ番組で、旧日本軍の従軍慰安婦問題に関する昨年末の日韓合意について、政治混乱が続く韓国側に合意の着実な履行を求めた。「米国を含め国際社会の前で約束した。『もう一回やり直してくれ』と言われても受け付けるつもりはない」と述べた。そのうえで「どなたが(韓国の)大統領になっても、当然、合意を守っていただけるものと思っている」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン