/

米大統領報道官「オバマ氏は広島平和記念公園を訪問」

【ワシントン=吉野直也】アーネスト米大統領報道官は10日の記者会見で、オバマ大統領が主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)が閉幕する27日に広島を訪問することについて説明した。「広島平和記念公園を訪れる」と明らかにするとともに、被爆者との面会は「日程が固まっておらず、機会があるかは分からない」と述べるにとどめた。

アーネスト氏はオバマ氏の広島訪問を「『核兵器なき世界』を実現するという目標に前向きなメッセージを送るためだ」と力説。「米国が核兵器を使用した唯一の国であり、核廃絶を主導する特別な責任があると理解している」と訴えた。

原爆投下が多くの米兵の命を救ったという正当化論など米国内に「多様な意見がある」と認める半面、オバマ氏の訪問が謝罪と解釈されるという見方は「間違いだ」と明言した。原爆慰霊碑や資料館の見学は検討中だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン