/

山口・公明代表「改憲、国会で議論深まっていない」

公明党の山口那津男代表は10日夜のフジテレビ番組で、憲法改正に前向きな勢力が国会発議に必要な3分の2をうかがう状況になっていることを巡り「国会で全く議論が深まっていない。各党がそれぞれの考え方をもって国会の中で合意形成に努めていくべきだ」と述べた。「改憲勢力と一口にいわれるのは誤解を生む。どこをどう変えるか一致していない」と強調。NHK番組では、9条改正について「当面必要ない」と語った。

自民党が単独過半数の議席を確保する見通しが強まっていることに関しては「お互いの選挙協力のたまもので、連立政権に対する評価でもある」と指摘。「幅広い民意を受けとめて政策として実行する力があり、公明党の存在価値が評価されている」と訴えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン